fc2ブログ

プロフィール

jimopy

Author:jimopy
Welcome to Scott Lager Blog! Enjoy&get something to live your life. ようこそ わたしのブログへ楽しんでいって下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

リー・チョンウェイ選手 バドミントン

リー チョンウエイ選手は、マレーシアの元バドミントン選手です。
北京、ロンドン、リオデジャネイロのオリンピックで銀メダルを獲得したレジェンドです。
2018ねんに鼻のがん手術をうけ、2019ねんに6くがつに引退をはっぴゅしました。
現在はマレーシアのバドミントン協会の副会長に就任しています。

リー・チョンウェイ選手は、YONEXと契約していて、ラケットやガットなどのバドミントングッズのクオリティーが高いです。彼が使用していたラケットやガットは以下の通りです。

ラケット:アストロクス99。これはYONEXの中で最もヘッドヘビーな攻撃型でシングルスで人気の高いラケットです。弾きとパワーを両立してあり、スマッシュが打ちやすいです。
ガット:BG66 FORCE 。これは「キレのあるヘビースマッシュ」がコンセプトで、打ちごたえと弾きを両立したガットです。0.65mmという非常に細いゲージで高反発且つ、打感が少し柔らかめなため、シャトルの食いつきも良く、高音で気持ちよく打てます。

リン ダン 中国 バドミントン

lin dan(林丹)
リン・ダンは、5歳でバドミントンを始め、9歳の時に福建省のスポーツ学校に編入しました。
その後、12歳の時に人民解放軍所属のバドミントンチーム八一隊に入隊し、18歳の時に中国代表に選出されました¹。彼は、2回のオリンピックチャンピオン、5回の世界チャンピオン、さらに6回のオールイングランドチャンピオンです¹。
彼は、若くして才能が開花し、16歳で中国のジュニアナショナルに選出され、2000年のアジアジュニア選手権を制しました
愛称はスーパーダンです。
2022年に現役引退を発表しました。理由は年齢とともにけがが多くなった。体力の衰えなどを理由に引退を決めたということです。
マレーシアのりーチョンウエイとともに本当のレジェンドです。
1983年に福建省上杭に生まれる。6歳の時に地元のスポーツ学校に入学。9歳の時に福建省のスポーツ学校に編入。その後、12歳の時に人民解放軍所属のバドミントンチーム八一隊に入隊。その後、着実に実力を伸ばし、18歳の時に中国代表に選出される。

ジュニア時代は、10代から既に世界ランキング1桁と早くから頭角を表していた同い年の鮑春来に次ぐ2番手の選手だったが、トップ選手の登竜門と言われるアジアジュニア選手権で優勝し、世界ランキングも急上昇。中国代表としての地位を確かなものにする。その後間も無く世界ランキング1位となり、2004年の中国国内の熾烈な五輪代表争いをトップで抜け、当然アテネオリンピックでは金メダル獲得を期待された。しかし本番で1回戦敗退という屈辱を味わう。しかし、その後のトーナメントでは本来の実力を発揮し、2007年まで世界ランキング1位をキープした。

北京オリンピックでは、全試合をストレートで勝ち、決勝戦でマレーシアのリー・チョンウェイを21-12、21-8の大差で下して金メダルを獲得した。この優勝によって、バドミントンがオリンピック正式競技となって以来続いてきた、「男子シングルスの第1シードは決勝に進めない、前年の世界選手権で優勝した選手は翌年の五輪で優勝できない」という2つの神話を一度に破った。

2010年の広州アジア大会では、決勝でリー・チョンウェイを破り、個人戦の金メダルを獲得。団体戦でも金メダルを獲得。

世界バドミントン選手権大会|世界選手権においては、2006年・2007年・2009年で三連覇を果たし(五輪開催年に世界選手権は開催されない。)、2011年にも優勝している。2011年の決勝戦でのリー・チョンウェイとの試合はバドミントンの歴史に残る試合だという評価がなされるほどの熱戦であった。

2011年のヨネックスオープンジャパン開催時に、ロンドンオリンピック後の予定について尋ねられ、「引退はしないが、出場する大会の数を減らすだろう」と答えている。

ロンドンオリンピックでは決勝でリー・チョンウェイを15-21、21-10、21-19とフルゲームの末に下して男子シングルス初のオリンピック連覇を達成。

ロンドンオリンピック後にはほとんど国際大会に出場せず、世界ランキングが100位前後まで落ちたが、主催者推薦枠で出場した2013年の世界バドミントン選手権大会|世界選手権で5度目の優勝を達成[1]。その後の去就が注目されていたが、2016年に開催予定の2016年リオデジャネイロオリンピックまで現役を続行する意思を表明した[2]。

リオデジャネイロオリンピックでは準決勝でリー・チョンウェイに21-15、11-21、20-22とフルゲームの末に敗れた。3位決定戦でもデンマークのビクター・アクセルセンに21-15、10-21、17-21で敗れ4位に終わった。

やっとこさ投稿  Gregoria Mariska Tanjong バドミントン

グレゴリア・マリスカ・トゥンジュンは、インドネシアのバドミントン選手で、女子シングルスでプレーしています。彼女は2017年にインドネシアが開催したBWFジュニア世界選手権で優勝し、2020年のUber Cupでフランスを破ったことでも知られています。
彼女は現在、インドネシアの女子シングルスで1位にランクされています。

最近の活躍は目覚ましくて枚挙できないくらいです。2022年八月におこなわれた世界バドミントン大会では、日本の山口茜選手と対戦しました。


badominton 茜ちゃん バドミントン

Cartier(カルティエ) 時計 販売館ゲルマニウムグッズ販売館亀山社中焼肉販売館

山口茜選手は、日本の女子バドミントン選手で福井県出身です。
山口茜選手は、中学三年生のときにアジアユースU19にたいかいだんたいせんで金メダルを獲得しました。
同年12がつのぜんにんほん総合バドミントン選手権大会では史上初めて
オリンピック2020 バドミントン女子シングルス 準j準決勝
一番の期待が山口茜選手だったのに P.V シンドウーが勝った。

茜ちゃん自身調子は悪くなかったのに、何でしょうか負け調子。
いつものように勝てなかった、残念です。

オリンピック、パラリンピック バドミントン


バドミントンオリパラ
tabin_convert_20081108085109.jpg


いよいよ、オリンピックが始まった。バドミントンは桃田選手待たされた分頑張ってほしい。
賭博事件や交通事故のけがから立ち直り、頑張った姿を見せてほしい。Cartier(カルティエ) 時計 販売館ゲルマニウムグッズ販売館亀山社中焼肉販売館
«  | HOME |  » ▲ page top